PDFを閲覧するには

PDFを閲覧するには

PDF閲覧イメージ

PDF化したデータを活用する為にはPDFを閲覧するソフトが必要です。
PC、スマートフォン、タブレットなどデバイス別にソフトをご紹介します。

パソコンでPDF閲覧する

現在、Windows(10以降)では、インターネットを閲覧するソフト「Edge」でPDFの閲覧や注釈をすることが出来るようになっています。

しかしながら、パソコンでのPDF閲覧では、PDF閲覧ソフトの「Adobe Acrobat Reader」をお勧めします。
PDFはAdobeが開発したファイル形式なので、純正の「Adobe Acrobat Reader」が一番最適なソフトと言えます。
「Adobe Acrobat Reader」は無料で利用できます。

「Adobe Acrobat Reader」の利用に必要なパソコンの環境についてはこちらから
https://helpx.adobe.com/jp/reader/system-requirements.html

Adobe Acrobat Readerのインストール方法

1. ダウンロードサイトにアクセス
Adobe Acrobat Reader ダウンロードサイトにアクセスしてダウンロードしてください。
https://get.adobe.com/jp/reader/

AdobeAcrobatダウンロードサイト

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードサイトにアクセスします。【Acrobat Readerをダウンロード】ボタンを押します。
※オプションは任意で選択してください。わからない場合は両方のチェックを外しておくと大丈夫です。

2. インストーラーダウンロード

インストーラーダウンロード

インストーラーのダウンロードが実行されるので、少し待ちます。
インストーラーをがダウンロードされたらダブルクリックして起動します。

3. アプリケーションダウンロード

アプリケーションダウンロード

「Adobe Acrobat Reader DC: ダウンロード中...」の表示が出ました。しばらく待ちます。

4. インストール完了

インストール完了画面

Adobe Acrobat Reader DCのインストールが完了しました。【終了】ボタンを押します。

5. Adobe Acrobat Reader DCが自動的に起動

Adobe Acrobat Reader DCが自動的に起動

その後、Adobe Acrobat Reader DCが自動的に起動します。最初にチュートリアルが表示されますので、ツアーを開始をクリックすれば簡単に説明してくれます。不要な方は、右上の×ボタンをクリックしてスキップして下さい。
これで「Adobe Acrobat Reader」のインストールは完了です。

Adobe Acrobat Readerだけでもテキストにマーカーを入れたり、取り消し線を入れたり、注釈を入れたり、スタンプを押したりなど色々な編集を行うことが出来ます。

Acrobat Readerでの注釈例

スマートフォンでPDFを閲覧する

スマートフォンやタブレット端末では、Adobe社のPDF閲覧ソフト『Adobe Reader』(無料)をインストールしてPDFファイルを閲覧します。

iPhone

PDF形式のファイルを表示できる簡易ソフトが標準でインストールされています。そのため、アプリをインストールしなくても、PDF形式のファイルを見ることができます。
『Adobe Reader』を使いたい場合は「AppStore」からインストールする必要があります。 https://apps.apple.com/jp/app/adobe-acrobat-reader-pdf

iOS Adobe Acrobat Reader

Android

PDF形式のファイルを表示するためのアプリを「Google play」からインストールする必要があります。スマートフォン用の「Adobe Acrobat Reader」は、以下からダウンロードできます。 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.reader

iOS Adobe Acrobat Reader

まとめ

今回は、PDFファイルの閲覧ソフトについて簡単なご説明となりました。
次に気になるのはPDFを活用する為に、PDFの編集ですよね。PDFを編集できるソフトについてコラムを追加しますのでしばしお待ちください。

BPO文書電シカ株式会社は、書類などの電子化や破砕廃棄に特化したBPO業者になります。
「書類や資料が溜まって処理が追い付かない」といった課題をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。


機密文書の電子化はこちら
機密文書電子化サービスバナー

機密文書の破砕廃棄処理はこちら
機密文書廃棄処理サービスバナー

コラム一覧はこちら

対応書類例

請求書、納品書、入金帳票、領収書、検査証明書、決算資料、経費精算資料、稟議書、作業手順書、法的申請書類、各種管理台帳、勤務台帳、業務仕様書、社内報、社内新聞、社史、人事データ、契約書(売買契約書、リース契約書、機密保持契約書、業務委託契約書、代理店契約書、賃貸借契約書、 基本取引契約書、など)、刊行物、製品カタログ、製品マニュアル、設計図書、建築図面、設計提案書、設備図面 製造図面 他

まずはお気軽に
ご相談ください

どの書類が電子化できるのか?梱包方法は?電子化後のデータ運用方法は?など、
何から手をつけていいかお悩みのお客様も、まずはお気軽にお問い合わせください。
専門の担当者が丁寧にご説明の上、電子化プランをご提案させていただきます。